法律の試験に合格するために重要な事

法律関係の試験をクリアしたいと思っている方は、どのような勉強をしたらよいかわからなくなっている方も多いと思いますが、基本的には法律関係の試験勉強は過去問を中心に行なう必要があると言う事です。
これまで独学でも法律の試験勉強をしてきた方はお気づきかも知れませんが、本試験の問題のほとんどは過去問の類似問題になっており、過去問の内容から大きく逸脱するような事はありません。
ですので、基本的には過去問をしっかりと勉強し、理解する事が出来るようになれば、出題傾向や出題ポイント、出題レベルなどが体で理解する事ができるようになりますので、どの出題内容の分野をどのように勉強すれば良いのかが理解できるようになってきます。
過去問には、本番の試験に合格する為の情報が多く残されております。
過去問に真摯に取り組み、答案の内容だけでなく、なぜ他の選択肢が間違えているのかまでしっかりと説明できるようなレベルになれば、本番の試験に合格するべき学力はしっかりとついていると言えます。

大渕愛子

マニュアル制作

技術翻訳

株式会社リアルコンテンツジャパン

最新投稿

  • 法律について1

    法科大学院を修了してない方であっても司法試験予備試験に合格さえすれば、司法試験を受ける資格を得ること …

    続きを読む...

  • 法律について2

    日本ではこれまでにないほど速いスピードで高齢化が進んでおります。
    その為、司法書士はあたらな分 …

    続きを読む...

  • 法律について3

    行政書士の通信教育は色々な種類が出ております。
    それぞれしっかりと法律を学ぶ事ができますが、で …

    続きを読む...

  • 法律について4

    行政書士の試験に合格するためには、通信教育を選ぶという方も多くいらっしゃいます。
    やはり会社員 …

    続きを読む...